九州の観光地と温泉地の紹介
九州の名所旧跡の紹介
九州の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
杉山 瑠璃光寺 ( るりこうじ )

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介










大分県国東市安岐町糸永1339
< 国東半島観光マップ > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 杉山瑠璃光寺(すぎやま るりこうじ) ◆◆◆◆◆

 国東半島中央部の両子山(721m)から行く筋もの小さな川が四方に流れており、川沿いに小さな谷間を造っています。その中の一つである両子川沿いにある杉山地区の集落に瑠璃光寺があります。
この瑠璃光寺は養老元年(717)に仁聞菩薩が開基したと言われています。六郷満山末山末寺であり、最盛時には多くの堂宇を置いて栄えていたが後年、大友宗麟の焼討ちにより焼失しました。 今の寺はその時の講堂であり焼失から免れました(本堂は今の寺より約100m下にあったという)
大友宗麟は豊後の武将でJR大分駅前に仏像があることからも。大分県内では人気のある英雄ではありますが、キリスト教を信仰していたこともあり、国東半島に多くあった寺を焼き討ちしたようです。 国東以外にも、今は福岡県になっている筑後や筑前を攻撃するときも、兵隊に「サンタマリア」と叫ばせて、真っ先に神社仏閣を破壊させたそうだから、とんでもない罰当たり野郎だったのだ。

 
 


 ◆ 質素な佇まいの杉山瑠璃光寺
質素な佇まいの杉山瑠璃光寺


 ◆ 平安中期の作である阿弥陀如来像(県重要文化財)
平安中期の作である阿弥陀如来像(県重要文化財)

 今の瑠璃光寺は普通の民家のような質素な寺です。境内には樹齢600年といわれる百日紅(サルスベリ)の木があり、これは日本一の大きさと言われています。 そして町指定有形文化財になっている鎌倉時代の瑠璃光寺石殿(仏像を彫り込んだ石柱)などもあります。

 本堂には大きな仏像が3体あります(向かって左より釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来)この中の阿弥陀如来はカヤの木の一本彫りで平安中期(藤原時代末期)の作と言われており約1000年前の作です。 この仏像は県重要文化財に指定されています。
他の釈迦如来も平安中期の作で薬師如来は平安後期の作です。これらもりっぱな仏像ですが後の修理が雑であるために文化財に指定されなかったようです。
ほかに修正鬼会(しゅじゅうおにえ)で使用していた面や、地獄・極楽の絵図(明和6年作)などがあります。
 ◆ 仏像の顔は本堂入口からは見えない
仏像の顔は本堂入口からは見えない

 ◆ 釈迦如来如来像(平安中期作)
釈迦如来如来像(平安中期作)
 ◆ 薬師如来像(平安後期作)と十二神将
薬師如来像(平安後期作)と十二神将

 ◆ 修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面
修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面
 ◆ 修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面
修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面

 ◆ 樹齢約600年で日本一のサルスベリ
樹齢約600年で日本一のサルスベリ
 ◆ 鎌倉時代の瑠璃光寺石殿
鎌倉時代の瑠璃光寺石殿



瑠璃光寺撮影談

 私は瑠璃光寺に着いて本堂入口のわずかに開いた戸の隙間から仏像の写真を撮っていたら住職が出てこられた。「おいおい寺に着いて拝みもしないで写真パチパチはないだろう・・・」と怒られてしまいました。 いや〜ごもっともな言葉で反省です。
そして「まあ〜中に入れ」と言われて中に入り線香に火を付け拝みました。その線香も「3本に火を付けるのが普通じゃ、それは過去、現在、未来を表しておる・・・」 あっ、そうですか? 知りませんでした。勉強になります。 そしてなー「この仏像もな左の釈迦如来は前世、中央の薬師如来は現生、右の阿弥陀如来は来世という意味じゃ・・分かるか? 」 そっ!そうなんですか・・・・(汗) なかなか舌の回りの良い住職さんなのであります。

 恐る恐る「仏像の写真を撮っていいですか?」と聞いてみたら、「うーん、普通は撮影禁止なんだが、いいことにしよう」と言われて写真を撮ることができました。なかなか優しいところもある住職さんです。 写真を撮りながら本堂の壁を見ると「撮影禁止」と張り紙がありました。

 それと修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面ですが、上記の写真の一番左の木箱に入った面が一番古く、作成年代は定かでありませんが、鎌倉時代とも言われているようです。 この面は下の顎(あご)の部分が無くなっています。顎の部分は紐(ひも)で吊ってガクガクと動くようになっていたと思われています。(この様式をなんと言うのか知りませんが・・・)

この修正鬼会(しゅじゅうおにえ)の面は国東半島でも一番古い物で、日本でも最古級の面ではないかと思われています。 なお、今はこの寺では修正鬼会(しゅじゅうおにえ)は行われていません。今、修正鬼会(しゅじゅうおにえ)が行われているのは 天念寺、岩戸寺、成仏寺の3ヶ所のみで行われています。詳細は天念寺の修正鬼会(しゅじょうおにえ)を参考にしてください。





《国東半島周辺》
…花と紅葉の名所

この周辺の宿を探す


海軍航空隊掩体壕群東光寺五百羅漢 宇佐風土記の丘 (大分県立歴史博物館) 宇佐神宮宇佐神宮夏越大祭呉橋鷹栖(たかす)観音鷹栖観音鬼会 昭和の町青宇田画像石元宮磨崖仏 富貴寺大門坊磨崖仏鍋山磨崖仏 真木大堂 熊野磨崖仏山香温泉 杵築住吉浜リゾートパークハーモニーランド日出町 魚見桜三浦梅園資料館 ・瑠璃光寺大分空港小城観音道の駅「くにさき」安国寺弥生のムラ泉福寺成仏寺香々地別宮八幡社香々地長崎鼻姫島伊美別宮社道の駅「くにみ」旧千燈寺跡岩戸寺文殊仙寺赤根温泉真玉温泉 両子寺並石ダムグリーンランド(こっとん村)大内岩屋観音堂長安寺川中不動 天念寺天念寺の修正鬼会天念寺無明橋無動寺夷耶馬と夷谷温泉霊仙寺・實相院・六所神社佐田京石道の駅「いんない」龍岩寺院内町の石橋 岳切渓谷楢本磨崖仏地獄極楽東椎屋の滝仙の岩福貴野の滝 アフリカンサファリ 宇佐のマチュピチュ 西椎屋の滝

別府周辺 大分市周辺 耶馬溪・中津周辺 くじゅう周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
瑠璃光寺周辺マップ(マピオン)  中央 '+' あたりが“瑠璃光寺”の位置です。
国東市の公式ホームページ
  *インフォメーション
  ■瑠璃光寺    0978-65-0528
  ■国東市役所   0978-72-1111(代)
  ■安岐総合支所  0978-67-1111(代)


国東半島観光マップへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2007年 3月15日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040146-05480101
Counter