九州の観光地と温泉地の紹介
九州の名所旧跡の紹介
九州の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
J R 折 尾 駅 (鹿児島本線、筑豊本線)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介








福岡県北九州市八幡西区堀川町1番1号
< 北九州市周辺観光マップ > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ JR折尾駅 ◆◆◆◆◆

 JR折尾駅は1917年(大正6年)にできた洋風(ルネッサンス様式)の木造駅舎で北九州市では門司港駅の次に古い駅舎です。 この駅の設計は東京駅を設計した「辰野金吾」だと言われています。駅史では設計は辰野金吾氏の長男の辰野隆(ゆたか)氏になっているが、 辰野隆(ゆたか)氏はフランス文学者で建築とは関係のない人なので、「辰野金吾」が設計して長男の名前を設計者に残したと考えられています。

 
 


 ◆ JR折尾駅は1917年(大正6年)にできた洋風の木造駅舎(ルネッサンス様式)で、日本最古の立体交差駅です
JR折尾駅は1917年(大正6年)にできた洋風の木造駅舎(ルネッサンス様式)で、日本最古の立体交差駅です


 ◆ 古い柱が2本あり1本は周りがベンチになっている
待合室には古い柱が2本あり1本は周りがベンチになっている

 折尾駅は日本初の立体交差駅として有名です。鹿児島本線と筑豊本線がアンダークロスし、両線のホームが1階と2階で重なる立体交差駅となっているのです。 そして、約 150m離れた場所に福北ゆたか線の折尾駅鷹見口(6,7番ホーム)があります。● 折尾駅時刻表
 ◆ 2本の柱が駅舎の古さを語っている
2本の柱が駅舎の古さを語っている

 ◆ 数万人の人が利用したであろうベンチ
数万人の人が利用したであろうベンチ
 ◆ 「かしわめし」の販売で有名な東筑軒の売店と古い柱
「かしわめし」の販売で有名な東筑軒の売店と古い柱
 ◆ 名物の「かしわめし弁当」650円〜
名物の「かしわめし弁当」650円〜

 ◆ 中央奥の筑豊本線と手前の鹿児島本線が交差する
中央奥の筑豊本線と手前の鹿児島本線が交差する
 ◆ 右が1番ホーム、左が2番ホーム(筑豊本線)
右が1番ホーム、左が2番ホーム。1、2番ホームは筑豊本線のホーム。2番ホームには西口(1988年に開設された)があり九州共立大などえの利便が良くなった

 ◆ 西口は1988年に開設された
2番ホームには西口(1988年に開設された)があり九州共立大などえの利便が良くなった
◆ 1、2番ホームは筑豊本線のホーム
1、2番ホームは筑豊本線のホーム
◆ 1番ホームにはJR職員専用の床屋
1番ホームにあるJR職員専用の床屋

 ◆ 右から順に鹿児島本線の3番、4番、5番ホーム。カーブして見通せないので安全はカメラのモニターで行う
右から順に鹿児島本線の3番、4番、5番ホーム。ホームはカーブして見通せないので安全はカメラのモニターで行う

 ◆ 3番ホームの上屋は古い木造でできている
3番ホームの上屋は古い木造でできている
 ◆ 4、5番ホームの上屋は古いレールが使用されている
4、5番ホームの上屋は古いレールが使用されている
 ◆ ホームで弁当の立ち売りが行われている
ホームで弁当の立ち売りが行われているのは九州ではJR折尾駅とJR人吉駅のみです

 ◆ 4、5番ホームに行く通路はレンガ積みの造り
4、5番ホームに行く通路はレンガ積みの造り
 ◆ 3番ホームにのみエレベータがあります
3番ホームにのみエレベータがあります
 ◆ 3番ホームにのみキヨスクと食道がある
3番ホームにのみキヨスクと食道がある

 ◆ 3番ホームにある待合室
3番ホームにある待合室
 ◆ 3,4,5番は鹿児島本線のホーム
3,4,5番ホームは鹿児島本線のホーム
◆ 安全はカメラのモニターで確認する
ホームがカーブして見通せないので安全はカメラのモニターで確認する

 ◆ 本駅から約150m離れた位置にある折尾駅鷹見口
本駅から約150m離れた位置にある「福北ゆたか線」のホームがある折尾駅鷹見口(6,7番ホーム)
 ◆ 結構、利用客が多い折尾駅鷹見口(6,7番ホーム)
結構、利用客が多い「福北ゆたか線」の折尾駅鷹見口(6,7番ホーム)

 ◆ 駅前広場は狭く無断駐車も多いので、バスの通行にも支障をきたす時がある
駅前広場は狭く無断駐車も多いので、バスの通行にも支障をきたす時がある

 ◆ 今日(2009/1/11)は成人式があったようだ
今日(2009/1/11)は成人式があったようだ
 ◆ 駅前風景 ※ビッグパノラマ写真
JR折尾駅前風景

 ◆ 駅舎の上にある車輪のマーク
駅舎の上にある車輪のマーク
 ◆ 駅の隣にある食事処
駅の隣にある食事処(昼めし、やきとり)
 ◆ 駅前広場の脇にある裸婦像
駅前広場の脇にある裸婦像(中村晋也作)



 ◆ 駅周辺にはレンガ積みのアーチ橋がいくつかある
駅周辺にはレンガ積みのアーチ橋がいくつかある
 ◆ 3連のアーチ橋もある(西日本鉄道折尾高架橋)
3連のアーチ橋もある(西日本鉄道折尾高架橋)。この中の1連だけはアーチ坑内の煉瓦が斜めに積まれる「ねじりまんぽ」という特殊な構造で出来ています(近代化産業遺産)

 ◆ 西日本鉄道折尾高架橋は坑内の煉瓦が斜めに積まれる「ねじりまんぽ」という特殊な構造で出来ている
西日本鉄道折尾高架橋は坑内の煉瓦が斜めに積まれる「ねじりまんぽ」という特殊な構造で出来ている(近代化産業遺産)

 ◆ 183年の歳月をかけて掘られた堀川運河と奥は折尾駅
183年の歳月をかけて掘られた堀川運河と奥は折尾駅
 ◆ 堀川運河が近代化産業遺産に認定されたようだ
堀川運河が近代化産業遺産に認定されたようだ



《西日本鉄道折尾高架橋》
 JR折尾駅の近くにある西日本鉄道折尾高架橋は1914年(大正3年)に造られた3連の煉瓦造りのアーチ橋です。 このアーチ橋の1連だけがアーチ坑内の煉瓦が斜めに積まれる「ねじりまんぽ」という特殊な構造で出来ています。 この「ねじりまんぽ」というレンガ積みの方法はめずらしいもので、日本に30〜40くらい(たぶん?)しか例がないようです。
なぜ、「ねじりまんぽ」というレンガ積みを行うかと言えば、橋の上を通る鉄道や道路などと、川や道などの通路が直角でなく、斜めに交差するときに、 このレンガ積みが使用されるようです。この方が力学的に良いのだと思います。この橋は現存する「ねじりまんぽ」の橋では日本最大級です。(近代化産業遺産)
なお、福岡県で「ねじりまんぽ」があるのは福岡県田川郡香春町 日田彦山線の一般道にかかる欅坂橋梁(けやきさかきょうりょう)と、ここの2か所だけのようです。

《堀川運河》
 堀川運河は北九州市の楠橋から中間市、水巻、八幡西区の折尾を通って洞海湾まで続く全長 12.1Kmの運河です。つまり人間が造った人工の川です。 この運河は、およそ400年前から福岡藩により遠賀川の堤防の大改修工事にあわせて、遠賀川の水を分けて洞海湾に流し、遠賀川下流一帯の新田開発や洞海湾一帯の干拓工事を 行うという、とても壮大な計画のもとに始められたものです。
この運河は1621年に第1期工事が始まり、第2期工事、第3期工事、第4期工事が1804年に終わり、これで一応完成しました。運河の全長は 約12Km で、完成までに183年間かかりました。 当時の人々は遠賀堀川のことを「宝川」と呼んだそうです。この運河は米作りの用水、飲み水や川船による水運にも使われる宝物のような川だったのです。
潅漑用水で潤った田畑は約480ヘクタールで、当初は年貢米や材木・雑貨等を運んでいましたが、明治時代からは、筑豊の石炭増産で 重要な石炭の輸送路になりました。しかし、1891年(明治24年)に若松〜直方間の筑豊線、1908年(明治41年)香月線が開通し、蒸気機関車による大量輸送には太刀打ちできず、 「川ひらた」という船を使った水運は姿を消したのです。

 折尾駅の夜景を撮影するまでに時間があったので、上のポスターの写真の「堀川車返しの切り通し跡」まで運河沿いを歩いて行ってみました。 折尾駅から「しんしん堀川」の上流に向かって、約 1.5Kmくらいでしょうかね? けっこう遠かったです。
途中には ◆古いレンガ造りの倉庫があったり、◆「三好セキ女史頌徳碑(しょうとくひ)」があったりします。この「三好セキ女史頌徳碑(しょうとくひ)」の三好セキさんはなにをした人かと言うと、 セキ女史は岐阜県の生まれで、炭鉱経営者(三好鉱業)の三好徳松氏と結婚しました。遠賀郡内に女子中等教育を行う学校の必要性を感じ、大正7年に私財を出して私立折尾高等女学校(現在は県立折尾高等学校)を設立した人です。 そして大正15年に私立折尾高等女学校は敷地、建物などすべて県に譲渡されました。
その後、セキ女史は、夫の徳松氏が亡くなると、周囲の反対を押し切って三好鉱業を日本炭鉱に売却し、会社の株式、広大な土地などの不動産をすべて処分し、 夫の三好徳松氏の名義で次々と公共に寄付しました。その後、福岡市に移り住み昭和33年に81歳で他界しました。・・・・・・うーん、なんと欲の無い、りっぱな人だと感心しますね。

◆「堀川車返しの切り通し跡」は、この堀川で一番の難工事であった場所です。ここは 「車返し」という高さ約20m、長さ約400mのかたい岩山をけずる工事でした。この場所の工事は、石工(いしく)という石工事の専門家が担当しましたが、 2時間もすると道具の刃(は)がだめになったため、鍛冶屋(かじや)がやとわれ、車返しに鍛冶場(かじば)をつくったほどです。 工事を始めてから7年後の1757年(宝暦7年)にようやく車返しの切り通し(きりとおし)が貫通(かんつう)しました。しかし、横はばがせまいため、これを広げる工事が行われ、さらに、 則松川へとつなぐ工事がすすめられ、1762年(宝暦12年)にようやく堀川は洞海湾(どうかいわん)まで通じたのです。今も「堀川車返しの切り通し跡」の岸壁にノミの跡が残っています。
※ 「堀川車返しの切り通し跡」の記述は堀川の歴史と文化(北九州市)を参照しました。


 ◆ 堀川運河傍にある煉瓦倉庫
堀川運河傍にある煉瓦倉庫(近代化産業遺産)
 ◆ 延々と続く堀川
延々と続く堀川
◆ 途中にあった三好セキ女史頌徳碑
途中にあった「三好セキ女史頌徳碑(しょうとくひ)」

 ◆ 「堀川車返しの切り通し跡」※ 水量も少なく昔の恩影はないが、崖の断層の切れ目がポスターの写真と同じだ
「堀川車返しの切り通し跡」※ 水量も少なく昔の恩影はないが、崖の断層の切れ目がポスターの写真と同じだ


 ◆ 雨降りの夜景もなかなか風情があって映画の一場面のようです。 ※ 別角度からのビッグパノラマ写真
夕方から、あいにく雨になりましたが、雨降りの夜景もなかなか風情があって映画の一場面のようです。



《 折尾駅乗客案内係 神(ジン)君 》

 折尾駅で乗客案内係を行っている神(ジン)君は中学2年生です(2009年1月時点)。 彼は鉄道が好きで小学2年生より、列車を見に折尾駅に来ていたそうです。そして小学4年生から案内係をボランティアで行っています。 この折尾駅は立体交差の駅だけにホームが複雑で、乗り換えには戸惑う客も多いようです。それに一度改札口を出て約150m行った場所に6、7番ホームはあるので、 初めてのお客様は迷うと思います。
そういうお客様を見ると神(ジン)君は「どちらに行かれますか?」と声をかけて案内しているのです。また、神(ジン)君は独自に収集した時刻表などの情報ファイルを携えて、乗り換えの時刻なども 的確に応えてくれます。彼がいつも持っている青いファイルが独自に収集した情報ファイルです。パソコンのエクセルとワードはできると言っていました。

 通常は土日だけ折尾駅に来ており、夏休みや冬休みなど学校が休みの時は2日に1度くらいの間隔で来ていると言っていました。朝の6時から17時頃まで折尾駅にいるそうです。
普通は鹿児島本線の上りが到着する4,5番ホームと改札口近くにいるようです。おなじく4,5番ホームで駅弁を売っているおじさんと仲が良いようで、よく話をしています。 なお、余談ですが、最近では珍しい駅弁の立ち売りを行っているのは、九州では、ここ折尾駅と人吉駅だけで、 ここ折尾駅の駅弁「かしわめし弁当」は全国的に人気のある駅弁です。
折尾駅弁(かしわめし弁当)は八幡・黒崎・赤間・東郷・福間・若松・直方の各駅の売店でも販売されていますが、これらの駅では立ち売りは行っていません。

 2008年11月28日のNHK(地上波再放送)/熱中時間「鉄分補給スペシャル3」で多くの「鉄道ファン」が出演していましたが、そこで「ホームレスキュー中学生」として神(ジン)君の事を放映していました。 (それ以前にも民放のテレビ番組にも出たようです) テレビ出演以来、神(ジン)君は有名になり今年の正月は年賀状がいっぱい来たと 神(ジン)君は言っていました。そして宅急便も来たらしいです。「宅急便って?」 中身は鉄道グッズだったようです。「いろいろ集めてたけど、いらなくなったのであげる。」と言って送ってきたようです。 神(ジン)君は喜んでいました。
なお、神(ジン)君の夢はJR折尾駅の職員になり駅長になることです。・・・・・・うん、職員は間違いなくなれると思います。駅長にもなれます。きっと!
神(ジン)君のブログはここ

※ 写真等のHP掲載は神(ジン)君の了解を得ています。


 ◆ ボランティアで乗客案内係を行っている神(ジン)君
ボランティアで乗客案内係を行っている神 凌太(ジンリョウタ)君
 ◆ 困った人を見つけると駆けつける神(ジン)君
困った人を見つけると駆けつける神(ジン)君
 ◆ 駅弁売りのおじさんと仲が良いようだ
駅弁売りのおじさんと仲が良いようだ

 ◆ 独自に収集した情報を携えている
独自に収集した情報を携えている
 ◆ 時間があれば掃除も行う
時間があれば掃除も行う
◆ 神(ジン)君がデザインしたスタンプ
神(ジン)君がデザインしたスタンプ


◆ 再開発の工事は開始されている(2009/1/11撮影)
すでに再開発の工事は開始されている

《折尾駅の取り壊しについて 》
 駅周辺の総合的再開発(折尾地区総合整備事業)は、 折尾駅を中心に、鉄道の立体化・幹線道路整備・面整備を複合的に行うことにより、交通渋滞の解消と交通安全の確保、住環境の改善、まちの一体化と回遊性の確保とともに、駅舎の統合、北側駅広新設による交通結節機能の強化を考えています。
この計画では筑豊本線・短絡線の2線を西側に約300m移設・立体化することで、3線すべてが高架2階レベルで整備され、駅舎が統合でき、乗り換え利便性が向上すると共に、幹線道路や駅前広場の効率的な整備が可能となるようです。なお折尾地区総合整備事業は平成31年度までに完了予定です。

 折尾地区総合整備事業の一環で折尾駅舎は2009年度にも取り壊しが予定されており、地元住民や学識者らでつくる「おりお未来21協議会」歴史的建造物部会などが、折尾駅舎の保存運動などを行っていますが、すでに駅舎は壊されることが、ほぼ決定された後だけに、JRは駅舎の保存に消極的なようです。 (2009/01/13 記載)






《北九州市周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


下関市六連島しものせき海峡まつり関門海峡海峡花火大会関門橋巌流島和布刈公園と和布刈神社和布刈神事 レトロの街門司港JR門司港駅九州鉄道記念館 白野江植物公園部埼(へさき)灯台手向山公園メモリアルパーク 福聚(ふくじゅ)寺森鴎外旧居小倉駅 リバーウォーク北九州八坂神社 小倉城到津の森公園旧松本邸 夜宮公園夜宮の大珪化木市立美術館 高炉台公園いのちのたび博物館 スペースワールド帆柱自然公園河内貯水池南河内橋河内温泉九州民芸村三岳梅林公園若戸大橋高塔山若松レトロ建造物 ひびき茜ラインのコスモス 響灘緑地グリーンパーク若松北海岸 夏井ケ浜のハマユウ芦屋エアフェスタ芦屋 遠賀川河川敷公園 ・JR折尾駅 吉祥寺のフジ筑前中間川まつり市立交通科学館春吉眼鏡橋菅生の滝鱒渕ダム 平尾台新北九州空港 大内花庭園 福智山ろく花公園 直方チューリップフェア直方駅直方レトロ直方山笠のおがた夏まつり直方須賀神社御神幸大祭永谷の盆綱馬島藍ノ島小倉祇園太鼓わっしょい百万夏祭り黒崎祇園山笠戸畑祇園山笠小倉イルミネーション門司港レトロ・イルミネーション

宗像周辺 筑豊周辺 中津周辺 福岡周辺 秋月 朝倉周辺 日田周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |


JR折尾駅周辺マップ(マピオン) 中心の '+' あたりが「折尾駅」の位置です。
北九州市の公式サイト
北九州市観光協会の公式サイト
  *インフォメーション
  ■JR折尾駅         093-691-0024
  ■JR九州折尾駅旅行センター 093-602-6143
  ■北九州市観光課       093-582-2054
  ■北九州市観光協会      093-541-4151

北九州市周辺観光マップへ戻る
福岡探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2009年01月15日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040742-04010101
Counter