九州の橋
九州内の眼鏡橋などの石橋やアーチ橋などの近代橋の紹介
石橋、アーチ橋、水路橋、眼鏡橋ほかの紹介
( ひじり )

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介












熊本県下益城郡山都町畑〜野尻
< 緑川水系の橋メニュー > < 熊本南部観光マップへ戻る > < 九州の橋メニュー > < 九州観光案内メニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 聖橋 (ひじりばし) ◆◆◆◆◆

 聖橋(ひじりばし)は男成川目鑑橋(眼鏡橋)として天保3年(1832年)に岩永三五郎により造られた石橋です。この地区では通潤橋と並び有名な橋で、矢部では一番古い石橋です。
現在、矢部地区には多くの石橋がありますが、この橋が矢部地区の石橋の礎となった石橋なのです。

動画案内(約1分)

 
 


 ◆ 聖橋(ひじりばし)は天保3年(1832年)に名工 岩永三五郎により造られた石橋で、矢部では一番古い石橋
聖橋(ひじりばし)は天保3年(1832年)に名工 岩永三五郎により造られた石橋で、矢部では一番古い石橋


 ◆ 新橋のそばにひっそりとある聖橋(ひじりばし)
新橋のそばにひっそりとある聖橋(ひじりばし)

・形式:単一石造アーチ
・橋長:35m、橋幅:5m、橋高:12m
・径間(スパン):19.9m
・完成:天保3年(1832年)
・石工:岩永三五郎

 橋の名前は下流にある聖滝(ひじりがだき)に因み、弘化4年(1847年)に男成川目鑑橋(眼鏡橋)から聖橋(ひじりばし)に改名になったようです。 なぜ改名する必要があったかの情報は把握していません。
この橋は緑川の支流である笹原川に架かる橋で、かつては熊本から日向・延岡に至る「日向往還」と呼ばれる旧街道に架かっていた石橋でした。
しかし、この橋も傍の鉄筋コンクリートの新橋の拡張に伴い、壊されかけましたが、保存を求める声が上がり、取り壊しは中止されたそうです。 そして平成11(1999)年に修復され、旧矢部町の文化財に指定されました。保存されて本当によかったですね。

 ◆ 橋より下流を望む(笹原川)この下流に聖滝がある
橋より下流を望む(笹原川)この下流に聖滝がある
 ◆ 橋のそばにも小さな滝があった(名前は不明)
橋のそばにも小さな滝があった(名前は不明)

 ◆ 半分埋まっている親柱
半分埋まっている親柱
 ◆ バス停も「聖橋」
バス停も「聖橋」
 ◆ 聖橋の動画(約1分)
聖橋の案内(動画)







《熊本県中部》
…花と紅葉の名所

この周辺の宿を探す


小天温泉河内温泉岩戸の里公園鳥越の峠の茶屋公園寂心さんの大クス熊本空港武蔵塚公園道の駅「大津」 大慈禅寺宇土 船場橋道の駅「宇土マリーナ」道の駅「不知火」松合土蔵白壁群三角東港 三角西港釈迦院八代観光 日奈久温泉八代市旧薩摩街道の石橋球磨川の橋梁東陽町の石橋佐俣の湯大通峠ループ橋SL人吉 緑川水系の橋 (聖橋)道の駅「通潤橋」矢部の八朔祭道の駅「清和文楽邑」 蘇陽峡 高千穂 椎葉

熊本市街地 金峰山周辺 熊本県北部 熊本県南部 天草 阿蘇 くじゅう
大分南部 高千穂 島原半島






 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院 | 別府 | 高千穂 | 宮崎・日南 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
聖橋周辺マップ(マピオン) 中心の '+' あたりが聖橋の位置です。
山都町の公式ホームページ
  *インフォメーション
  ■山都町役場(本庁)  0967-72-1111(代表)

内大臣橋へ行く
通潤橋へ戻る
緑川水系の橋メニューへ戻る
熊本南部観光マップへ戻る
九州の橋メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2009年 4月18日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040345-05001201
Counter