九州各地の山の紹介。「九州の山(よかとこBY)」




大行寺山 (釈迦院)
(だいぎょうじやま)
(標高 957m)


熊本県下益城郡美里町−八代市泉町


熊本中部案内



九州の山

HomePage



山の案内

 ◆ 3333段の石段入口(これから挑戦だ。まだ元気)

3333段日本一の石段に挑戦だ。
 熊本県中部の美里(みさと)町と八代市(旧:泉村)の境界に位置する大行寺山は通称「釈迦院」と呼ばれて いる。これは山頂付近に釈迦院があるためで、美里町坂本地区より参道があり、 ここに3333段の日本一の石段がある。これは昭和34年から建設が始まり 昭和63年に完成した日本一の石段である。
釈迦院の表参道に敷しめた石は全国から集めた珍しい石ばかりで見事である。 山頂は釈迦院から30分ばかり登った所が頂上となり展望もすばらしい。 (山頂付近まで車道もある)
また、この「釈迦院」近くの緑川水系には江戸末期〜大正時代頃までに造られた 石橋が多くある。石橋の多さは日本有数であり、今も現役で使われている橋もある。 ついでにちょっと寄ってみてください。なかなかすばらしい石橋ですよ。


 ◆ 3000段目にて(ふぅ〜、一休み、残り333段)


 ◆ やったね! 石段頂上の釈迦院



アドバイス

■下り石段はうっかり踏み外さないように注意。


登山適期

■年中楽しめるが10〜11月の紅葉時期がベスト。


道 順
周辺地図(マピオン) … 中央"+"付近が 3333段の石段のスタート場所


問合せ先

■美里町役場 TEL:0964-47-1111(代表)


地図








企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2000年10月23日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019

Google 九州の宿
Web よかとこBY

画面番号:H040645-01640101

Counter