福岡県内の有人島10島の紹介
福岡県内島めぐり
志賀島、能古島、玄界島、小呂島、相ノ島、ほか福岡県内の島めぐり
志 賀 島 ( しかのしま )

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介








福岡県福岡市東区志賀島
< 福岡市周辺観光マップ > < 探検隊メニュー > < 島めぐりメニュー > < 九州観光案内メニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 志賀島(しかのしま) ◆◆◆◆◆

 福岡県民も志賀島を島という意識はありませんが、志賀島橋で結ばれたりっぱな島です。 周囲約11キロ、全戸数約790戸、人口約3000人余りの島です。

 志賀島には江戸時代までたくさんの鹿がおり、黒田藩の狩猟場になっていたようです。志賀海神社には鹿の角がたくさん奉納されています。なんでも戦前まで数匹はいたそうです。
そこでピーンときましたか? ・・・・鹿がたくさんいたので・・・・「しかの島」
実は私もそう思ったのです。が、しかし、残念でした!
そうではなく昔は近い島の意味で「ちかじま」と言っていたそうで、それが現在の志賀島の語源になっているらしいのです。
鹿がいたから「しかの島」の方がぴったりくるんですが、どうも違うようです。なにかすっきりしないですね。

 江戸時代の天明4年(1784年)に秀治と喜平という2人の農民が、この島の田んぼで偶然に「漢倭奴国王」の金印を発見しました。
この金印は中国の後漢書に、西暦57年(日本は弥生時代)に漢の皇帝「光武帝」が奴国(なこく)の 使者に金印を渡したことが書いてあり、その金印だと言われています。歴史的にも貴重な品で国宝になっています。
そもそも日本(倭国)のことが記述として残っている事柄は、この後漢書の記述が最古です。その記述にある金印が 発見されたと、いうことは後漢書の信憑性もぐ〜んと高くなったということであり、中国の歴史の上でも重要な品なんです。
この金印は日本の歴史の始まりを示す貴重な品の一つで、今は福岡市博物館に展示されています。 この金印がなぜこの志賀島に埋没していたかはよく解っていないようです。

 志賀島の東側には人家はなく、荒々しい海岸沿いを道路が通っており、なかなか良いドライブコースです。 岩場で魚釣りをする人(それほど多くない・・・)海岸に降りて遊んでいる人などを見かけます。ただ、駐車場は無いので道のふくらみに駐車することになります。
その東側の海岸に三角形の岩が二つ並んでおり「二見岩」と言います。「二見岩」には直径1mくらいの穴が開いています。この岩には志賀島独自の「浦島太郎」伝説があるのです。

その浦島太郎伝説とは、次のような話です。
 昔、志賀島では南側の志賀地区を「表」と表現し、礎鹿(しか)と呼び、北側の勝馬地区を「裏」と表現し、浦島(裏島)と呼んでいたそうです。
その浦島に太郎という働き者の若者がおり、村長の一人娘姫子と夫婦になるだろうとうわさされていた。ある夏、太郎が岩場で魚釣りをしていると、 激流に打ちのめされ傷だらけの亀を見つけ、薬草を塗り海に放したところ大あらしになり、太郎は大波にのまれ、翌朝、浜に打ち上げられたそうです。
村長は村人と看病したが「助けた亀で竜宮に行った」などと口走り、よくなる様子がありませんでした。 村長は太郎の空言を現実に作ろうと、二見岩を美しく染め、そばの料理屋を竜宮城に変え、姫子を乙姫にして、太郎を亀に乗せて行かせた。 乙姫を見た太郎は驚きで正気に戻り、二人はめでたく夫婦に・・・』という話で、同岩で、二人が愛を誓い合ったといわれています。

※浦島太郎伝説は福岡市のサイト(歴史 志賀島・西戸崎エリア)を参考にしました。

動画案内(概略 約4分)  動画案内(詳細 約10分)

 
 


 ◆ 志賀島の地図 (1996年7月作成)
志賀島の地図

 志賀島には博多埠頭から市営志賀島航路で45分程度です。島内はバスが運行されていますが、島の西側を勝馬までの往復であり島内を一周するバスはありません。
マイカーが便利ですが、夏の休日は大停滞するので早めに行き、早めに帰るのが賢明です。

 平成14年よりアイランドシティ関連道路が開通し福岡市街地から志賀島までの道は少し良くなりました。北九州市方面からも九州自動車道「古賀IC」から 大森交差点を三苫方円へ片側2車線のバイパス道路もできており、徐々に道も良くはなっています。しかし、志賀島周回道路は道が狭いので運転は注意してください。


◆ 対馬行きフェリーより志賀島南西面を望む
対馬行きフェリーより志賀島南西面を望む

 ◆ 志賀島橋で九州本土と結ばれている(手前が志賀島)
志賀島橋で九州本土と結ばれている(手前が志賀島)
 ◆ 志賀島橋
志賀島橋

 ◆ 式内社である志賀海神社(しかうみじんじゃ)がある
式内社である志賀海神社(しかうみじんじゃ)がある
 ◆ りっぱな志賀海神社の楼門
りっぱな志賀海神社の楼門
 ◆ 志賀海神社の社殿 ※志賀海神社の詳細はここ
志賀海神社の社殿

 ◆ 金印公園に建つ「漢委奴國王金印発光之処」記念碑
金印公園の入口に建つ「漢委奴國王金印発光之処」記念碑
 ◆ 金印公園入口 ※金印公園の詳細はここ
金印公園入口
 ◆ 金印公園(正面は能古島
志賀島にある金印公園

 ◆ 蒙古塚
蒙古塚
 ◆ 多くの慰霊塔が並ぶ
多くの慰霊塔が並ぶ

◆ 夏は海水浴客でにぎわう下馬ケ浜(しもまがはま)海水浴場
夏は海水浴客でにぎわう下馬ケ浜(しもまがはま)海水浴場

 ◆ 小さな島(沖津島)には「沖津宮 」がある
小さな島(沖津島)には「沖津宮 」がある
 ◆ 裏に温泉館もある志賀島国民休暇村
裏に温泉館もある志賀島国民休暇村

◆ 志賀島で最も高い標高165mの山頂に造られた潮見公園
志賀島で最も高い標高165mの山頂に造られた潮見公園にある展望台
 ◆ 展望台の上はけっこう広い
展望台の上はけっこう広い

◆ 展望台から見る海の中道方面、右奥は福岡市街地
展望台から見る海の中道方面、右奥は福岡市街地

◆ 志賀島東海岸は岩場の海岸であり、釣りをしている姿も見かける
志賀島東海岸は岩場の海岸であり、釣りをしている姿も見かける

 ◆ 志賀島東海岸…岩に小さな穴が開いている「二見岩」
志賀島東海岸…岩に小さな穴が開いている「二見岩」
 ◆ 二見岩には志賀島独自の「浦島太郎」伝説がある
二見岩には志賀島独自の「浦島太郎」伝説がある

 ◆ 博多港に出入りする船
博多港に出入りする船
 ◆ 動画案内 (概略版 約4分)
志賀島の動画画案内
 ◆ 動画案内(詳細版 約10分)
志賀島の動画案内


■■■■■ 志賀島関係のページ ■■■■■ =====================================================*

・ 志賀島 志賀海神社 金印公園



*=================================================================================================*





《福岡市周辺》
…花と紅葉の名所

この周辺の宿を探す


・志賀島 海の中道海浜公園マリンワールド海の中道雁ノ巣レクリエーションC 香椎花園香椎宮Fukuoka東区花火大会新幹線撮影ポイント帆柱石と名島城跡名島橋貝塚公園九州大学箱崎キャンパス 筥崎宮恵光院東公園十日恵比須神社崇福寺 聖福寺東長寺櫛田神社博多町家ふるさと館承天寺 博多駅JR博多シティ福岡空港博多の森住吉神社 キャナルシティ博多博多リバレイン博多座 中洲ベイサイドプレイス博多埠頭マリンメッセ福岡県立美術館福岡市文学館 天神警固神社少年科学文化会館 西公園 福岡城址 大濠公園福岡市立美術館金龍禅寺福岡市博物館 百道浜ヤフードーム 愛宕神社マリノアシティ福岡 能古島福岡市動植物園平尾山荘友泉亭公園穴観音油山博多南駅 脇田温泉篠栗呑山観音寺宇美八幡 太宰府 二日市温泉 武蔵寺天拝山三瀬ループ橋博多どんたく博多山笠筥崎宮放生会大興善寺

福岡市街地 宗像周辺 筑豊周辺 筑後周辺 朝倉周辺 糸島周辺






 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |


志賀島周辺マップ(マピオン) 中心の '+' あたりが志賀島国民休暇村の位置です。
福岡市の公式ホームページ (福岡市の観光、伝統工芸品、公共施設の案内など)
志賀島への船の時刻表など (福岡市営渡船)

  *インフォメーション
  ■福岡市観光課    092-711-4331
  ■福岡市営(旅客船) 092-291-1085
  ■志賀島国民休暇村  092-603-6631

福岡市周辺観光マップへ戻る
探検隊メニューへ戻る
島めぐりメニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2011年05月23日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:G040442-07010101
Counter