福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
烏 帽 子 島 ( えぼしじま )

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介










福岡県糸島市(旧:志摩町)芥屋烏帽子島
< 糸島探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 烏帽子島(えぼしじま) ◆◆◆◆◆

 烏帽子島(えぼしじま)は糸島半島と壱岐島のほぼ中間点の玄界灘に浮かぶ無人島で、島の周辺は玄武岩(柱状節理)の断崖絶壁となっており1875年8月1日初点灯した烏帽子島灯台が建っています。

この島は九州郵船のフェリーで博多港から壱岐(郷ノ浦)に行くときに右側に見えます。博多港と壱岐(郷ノ浦)のほぼ中間点にあり、 博多港を9:55(発)に乗ると11時10分頃に見えてきます。フェリーは烏帽子島(えぼしじま)のだいたい200〜300m程度離れた所を通ります。
島の周囲は約800メートルで面積約1ヘクタール、海抜は約42メートルの岩の島です。

 
 


 ◆ 烏帽子島(えぼしじま)は糸島半島と壱岐島のほぼ中間点の玄界灘に浮かぶ無人島で烏帽子島灯台が建っている
烏帽子島(えぼしじま)は糸島半島と壱岐島のほぼ中間点の玄界灘に浮かぶ無人島で烏帽子島灯台が建っている


 ◆ 窪みにテントが見える。魚釣りの人かな?
窪みにテントが見える。魚釣りの人かな?

 烏帽子島灯台はイギリス人のリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計で明治6年6月に工事が始まり難工事のすえ約2年数ヶ月の歳月をかけ明治8年8月1日に完成したものです。 灯台は八角形鉄造りで、居住及び貯水の建物は石造りのものが造られました。

 2名の灯台守が10日毎交代で常駐していましたが1976年4月1日に灯台守はいなくなり灯台は巡回管理に変更になりました。また、灯台も造りかえられ1975年11月18日より白色円形コンクリート造りの現在の灯台になりました。
なお、烏帽子島の住所は「福岡県糸島市(旧:志摩町)」になっており、島も福岡県鳥獣保護区特別保護地区に指定されています。

 ◆ 2009年8月には初点灯から134年を迎える灯台
2009年8月には初点灯から134年を迎える灯台
◆ 建設当初は岩盤を削り道を造るのが最初の仕事だった
建設当初は岩盤を削り道を造るのが最初の仕事であった

 ◆ 玄武岩(柱状節理)の断崖絶壁
島の周辺は玄武岩(柱状節理)の断崖絶壁
 ◆ 200〜300m程度離れた所を通る
フェリーは200〜300m程度離れた所を通る
 ◆ 烏帽子島の動画案内
烏帽子島の動画案内

 ※ 見れないときはIEでご覧ください。




《糸島地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


元寇防塁跡 桜井神社筑前二見ヶ浦野北海岸幣の松原 芥屋大門姫島骨董村高租神社怡土城跡金竜寺 伊都国歴史博物館雷山神篭石 雷山千如寺雷神社 白糸の滝 ・烏帽子島

福岡市周辺 唐津市周辺 佐賀市周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
烏帽子島周辺マップ(マピオン)  中央 '+' あたりが「烏帽子島」の位置です。
糸島市の公式ホームページ

  *インフォメーション
  ■糸島市役所(本庁舎)    092-323-1111(代表)
  ■糸島市役所(二丈支所)   092-332-2105(代表)
  ■糸島市役所(志摩支所)   092-332-2107(代表)
  ■糸島市観光協会       092-322-2098
  ■糸島市観光協会(二丈支所) 092-326-6334

糸島探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2009年08月18日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-04170101
Counter